活用シーン

テレワーク向け電子化サービス


「会社にある紙の書類をすぐに確認できない!」「紙書類の確認や捺印などでやむなく出社している!」
テレワークが進む中、紙の書類がテレワークを推進する際の大きな課題となっていることが明らかになりました。
紙の書類を電子化(PDF化)しませんか?
電子化することでいつでもどこでも閲覧が可能になり、紙や場所の束縛から解放された“自由な働き方”ができるようになります。
スキャナー
書類の
電子化(PDF化)
データ入力/
OCR
文書管理システムの
ご提案

サービスの特徴

01.書類の電子化(PDF化)

  • 電子化したデータをどのように活用されたいか、電子データの使用場面に応じてデータのカタチは異なります。お客さまの運用に適したデータを作成するために、まずは、現在の対象文書の使用場面や運用方法、保管状況をしっかりとヒアリングした上で、電子化の仕様(カラー、解像度、フォルダ構成など)を定めます。
  • 決定した仕様にもとづき、電子化の作業を行います。
  • 画像検査、品質管理を行います。
スキャナー

02.データ入力/OCR

  • 電子化作業の前に行ったヒアリングの内容にもとづき、テキストデータの作成も可能です。書類の内容から必要項目をパンチ入力し、テキストデータ(CSVデータ、Excelファイルなど)を作成します。
  • OCR処理も可能です。

03.文書管理システムのご提案

  • よく使う文書であれば、文書管理システムを活用されることを推奨します。
    お客さまの要件に適した文書管理システムを選び、ご提案することも可能です。

電子化フロー図

電子化作業は以下の流れで行います。
書類の引き取り・返却、納品は、弊社社員による専用便で行います(原則、一都三県の対応)。
電子化後、提携している倉庫への移管や書類の廃棄も可能です。

お問い合わせはこちらから!

テレワーク向け電子化サービスは
このような課題を解決できます!

情報共有

  • テレワーク中、会社にある紙の書類をすぐに確認できない。
  • 紙書類の確認や捺印などで、やむなく出社しなければならない。
 電子化したPDFデータをサーバーで共有すれば、いつでもどこでも閲覧可能です!

 

省スペース化

  • テレワークによりオフィスを縮小、または移転。書類の保管場所を省スペース化したい。
書類は電子化後、外部倉庫へ移管、または廃棄することで、執務室内の保管スペースは不要になります!

 

BCP対策

  • テレワークの推進で電子契約サービスを導入したが、過去の契約書は紙のまま。
  • テレワークの推進でワークフローシステムを導入したが、過去の稟議書などが紙のまま。
 過去の書類を電子化し、各サービスやシステムで保管することで、一元管理が可能になります!

 

テレワークの課題が「紙」ではない場合

テレワークには「社内システムのデータを自宅では使えない!」という課題もあります。
ジェイ・アイ・エムでは、お客さまの様々なデータをお預かりし、使いやすいデータの“カタチ”に整形いたします。
毎月のデータ集計やレポート作成もおまかせください。

関連ページ


導入事例

ブログ記事

お問い合わせはこちらから!