活用シーン

オンデマンドスキャニングサービス


倉庫に保管されている“電子化されていない書類”。
よく使う書類は、頻繁に取り寄せることになり手間がかかる…。使用していない書類の中にも貴重な情報源があることも。
しかし倉庫内の書類をすべて電子化しようとしたら莫大な費用がかかります。
ジェイ・アイ・エムでは、月額固定費用で一定量の書類を電子化する「オンデマンドスキャニングサービス」を行っています。
スキャナー
月額固定費用で
電子化
オンデマンド対応
(要求に応じて電子化対応)
新規発生分の
書類の電子化

サービスの特徴

01.月額固定費用で電子化

  • 毎月一定の金額の範囲内で電子化を行います。金額は決まっておりません。お客さまのご要望により取り決めます。
  • 費用内で電子化できる数量の書類を、毎月、倉庫から当社に取り寄せ作業を行います。
スキャナー

02.オンデマンド対応

  • 倉庫に保管している分のうち、すぐに閲覧したい書類があった場合はリクエストをいただき、都度、倉庫から取り寄せ、電子化します。
  • 電子化したデータは直ちにメールなどで連携します。
  • オンデマンド対応の費用も、月額費用の中で対応いたします。

03.新規発生分の書類の電子化

  • 書類は日々発生するものです。新規に発生する分は、毎月お預かりし、毎月電子化します。電子化した書類はそのまま倉庫に移管します。
  • 新規に発生する分も、月額費用の中で対応いたします。

電子化作業の運用例

電子化の作業における運用例です。
文書管理システムをお持ちでない場合や当社が直接登録できない場合は、
データはメールや媒体などでご納品いたします。

お問い合わせはこちらから!

オンデマンドスキャニングサービスは
このような課題を解決できます!

情報共有・業務効率化

  • 書類や図面が倉庫にあるので、自席で確認できない。
  • 取り寄せる手間、取りに行く手間がかかる。
電子化したPDFデータをサーバーで共有すれば、いつでもどこでも閲覧可能です!
過去の図面を引用することで類似設計が可能になるなど、二次利用で業務を効率化できます!

スペース削減

  • 自社の倉庫や書庫には、もう入りきらない。
  • 書庫のスペースを有効活用したい。
 自社倉庫や書庫をお使いの場合、電子化した書類は廃棄することでスペース削減が図れます!

情報資産の活用

  • 倉庫にどんな書類が保管されているか、どんな情報資産が眠っているのかわからない。
 電子化することで情報資産の棚卸しが可能になります!

災害対策

  • 書庫が地下にあるため、万が一災害があった場合の水没や焼失が心配。
書庫の書類を電子化し、電子データで管理することで、水害や火災から情報資産を守ることができます!

お問い合わせはこちらから!