人事書類の電子化

執務室内に保管していた対象書類を95%削減

導入前の課題

人事書類が増えて、執務室内のスペースで保管しきれなくなった
入退社に伴う書類の整理を効率化したい

導入の決め手

電子化後の原本の仕分け対応ができること(執務室保管または倉庫移管)
品質管理セキュリティの体制が整っていること

導入効果

人事書類の保管スペースを導入前の5%に削減できた
テレワークでも書類の確認ができ、入退社管理の書類の整理がしやすくなった

ご導入内容とお客さまの状況

お客さま 大手食品メーカーA社様
対象文書 雇用契約書、誓約書、履歴書、雇用時健康診断書 他
数 量 約30,000枚
作業期間 3か月

導入前の課題

お客さまは入社時に提出される人事書類(個人ファイル)の紙を、執務室内のキャビネットに保管していました。
年々量が増えていく書類が執務室内のキャビネットに入りきらなくなったため、倉庫への移管を検討していました。
人事書類の利用や倉庫移管においては、以下のような課題がありました。

<書類の利用における課題>

  • 人事書類の紙と電子化データが混在していて、管理しづらい。
  • 書類を確認するために出社しなければならず、テレワークの妨げになっている

<倉庫移管にあたっての課題>

  • 対象書類が保管されている箱を確認して取り寄せる運用になるため、書類を見るのに時間がかかる
  • 書類を入社日および退職日毎に異なる保管期限に合わせて廃棄したいが、都度倉庫から箱の取り寄せや再入庫をするのでは手間とコストがかかる

そこで、人事関係書類の電子化による省スペース化効率化を検討していました。

対象書類は履歴書・雇用契約書・卒業証明書など、様々な種類のものが社員ごとに、まとめられて保管されていました。これらの書類には入社日または退社日からの保存期間が、定められていました。入退社時に応じた整理が効率的にできるよう、導入後の原本の保存形態について検討いただいた結果、電子化後の紙の取り扱いを「執務室で原本保管を継続するもの」と「倉庫保管を経て廃棄するもの」とで分けることになりました。

食品工場での作業


導入の決め手

以下が決め手となりました。

  •  電子化した書類を社員情報から検索できること
    PDFデータのファイル名に、社員番号などを付与することで、社員情報からファイル名検索できる納品仕様としました。
    またファイル名の一覧をお客さまが保有しているリストと照合することで、書類やデータの有無の確認も実施しました。

  • 電子化した後の原本のうち、執務室保管分のみを執務室へ返却できること
    上記以外は倉庫保管とし、執務室を介さずに、直接お客さまの委託している外部の倉庫へご返却しました。
  • 作業品質がよかったこと
    当社の工程管理システムなどによる品質管理体制と金融庁のガイドラインに適合したセキュリティ体制を、高く評価していただきました。また、ISO認証を取得している当社の事業所内で全ての作業工程が完結することを、評価していただいたこともサービスの導入につながりました。

    ►ジェイ・アイ・エムが選ばれる理由——設立から50年以上の確かな実績とノウハウ—

 

 

作業の概要と作業期間

以下の要件で実施しました。

なお、お客さまの執務室のある事業所が関西圏で、当社の配送便の対応外となる地域だったため、運送会社の個人情報対応サービスによる書類の配送を実施しました。

 作業場所  当社(東京都大田区)
 書類の引き取り・返却

1回に集約

(お客さま執務室と、お客さまが委託している外部の倉庫の2か所へ返却)
 電子化の仕様
  •  社員ごとに1ファイルとするマルチページPDF
  •  解像度300dpi
  •  モノクロ・カラーはスキャナーによる自動判別
  • スキャニング後に執務室へ返却する書類と倉庫保管する書類の仕分けを実施
 納品の仕様
  •  社員番号等の社員情報をファイル名に付与(ファイル名から検索できる形式)
納品方法 DVD-R
作業期間 3か月

 

 

導入効果

お客さまにあげていただいた導入効果です

  •  人事書類(個人ファイル)を全てPDFデータで一元管理できるようになった。
    過去分の紙が全てPDF化されたことで、電子データで受領した人事書類と同じように利用できるようになりました。
  •  書類の確認がテレワークでも可能になった
    書類を確認するために出社しなくても、ネットワーク経由で自宅のPCから確認できるようになりました。
  •  入退社による書類の整理がしやすくなった。
    データは、該当するフォルダに格納するだけなので、整理がしやすくなりました。また、執務室で保管する原本の量を95%削減できたため、原本の入れ替えの負担も大幅に軽減されました。
  • 保管コストを抑えられるようになった。
    データでの活用により入出庫の頻度が圧倒的に少なくなったため、倉庫の入出庫費用を抑えられるようになりました。
面接する人
書類の保管状況を伺ってから、ご要望に沿ってお見積もりします。
サービスに関する質問などお気軽にお問い合わせください。
「どのように電子化を進めたらよいか」のご相談も承っております。

ソリューション

ブログ記事

書類の保管状況を伺ってから、ご要望に沿ってお見積もりします。
サービスに関する質問などお気軽にお問い合わせください。
「どのように電子化を進めたらよいか」のご相談も承っております。
CASE
導入事例